一般社団法人 日本古琴振興会 〒141-0032 東京都品川区大崎4-2-2
トーカンマンション205
TEL:03-6417-3434
FAX:03-6417-3430

特別講座『中国伝来「古琴」を知ろう♪ ~日本文化への浸透の歴史~』

一般社団法人日本古琴振興会代表理事であり、東京聴風琴社「生風流」家元である武井欲生が、
東邦音楽大学エクステンションセンターの講座で、講師を務めさせていただくこととなりました。

今から千三百年ほど前に中国より伝来した古琴が、日本の文化にどう溶け込み、愛されていったのかをお話させていただく予定です。
また、故事にちなんだ琴曲を、実際の演奏で聞いていただきます。

中国・日本両国の漢詩や古典文学に深く関わり、
最近では映画やドラマで目にする機会も多くなった「古琴」の世界を、覗きにいらしてみませんか。

パンフレットはこちら(PDFファイル)

概要

会場:
東邦音楽大学 文京キャンパス 828教室
日時:
2018年11月10日(土曜日)13:30~15:30
受講料:
3,000円
講師:
武井欲生

内容

奈良時代に日本に伝来した「古琴」が、貴族たちの中に浸透し、「宇津保物語」や「源氏物語」に登場し日本文化の中に取り入れられた歴史と、武士の時代に衰退し、江戸時代に再興した史実を概説します。また、音の特徴や「筝」との違いについて解説いたします。

目的

邦楽とも違う歴史を歩んでいる「古琴」であるが、ヴォイジャーにも記録されている「古琴」を一般の方々に教養として周知して頂くことを最大の目的とし、日本でも楽器として再興する礎となる講義を目指します。

プログラム

  1. 奈良時代から平安時代
    古代において、どのような音楽を爪弾いていたか、どのような音楽が弾かれていたかの推考。
  2. 武家社会と衰退
    宮廷音楽として発達した時代と、何故武家社会に受け入れられなかったかの考察。
  3. 江戸時代の再興
    江戸時代に来訪した中国人による再興。
  4. 中国での認知度と繁栄 筝との違い~構造と音色
    現代中国での古琴の位置づけと、楽器と奏法が、ユネスコ世界無形文化遺産登録に繋がった背景。
  5. 心和ませるヒーリング感の体験 楽器との触れ合い
    実際の楽器での演奏と音色の概説。そして、実際に楽器に触れてもらうことによって、更に興味を持って頂く。

お問合せ

担当:
三浦
お問合せページ:
こちらをクリックしてください
メール:
info@guqin.jp
TEL:
03-6417-3434
FAX:
03-6417-3430
参加申し込み締切:
2018年11月10日まで

受講のお申込み

下記リンク先のページを下側にスクロールして、「イベント情報」をご覧ください。
東邦音楽大学エクステンションセンター

アクセス

文京キャンパス
東京都文京区大塚4-46-9

東京メトロ丸ノ内線「新大塚」駅下車、徒歩3分
東京メトロ有楽町線「護国寺」駅下車、徒歩8分
JR「大塚」駅下車、徒歩10分または都バス「大塚4丁目」下車、徒歩1分

詳細は、下記リンク先から「アクセス」のページ(文京キャンパス)をご覧ください。
東邦音楽大学エクステンションセンター